腰痛対策の著者の西垣廣幸の主張と努力目標


私は、人間の満足感を構成している大きなものは、「お金、地位、夫婦仲、子供運、健康、社会貢献、危地の中の秘密の快楽、何かに時間が経つのを忘れて没頭や集中できること、自分の体質に合った土地の上で暮らすこと」の九つだと思います。


どんな人でも、いつも全部そろっていることは、ないと思います。


どれかが欠けた場合、自殺する訳には簡単にいきません。欠けた弦があっても、他の弦でなんとか音楽を奏でなければなりません。


他の人の表面だけで見える成功をうらやまずに、自分には立派な弦も残っていることに感謝して、マイーペースで生きていきましよう。「万事、塞翁が馬」ですから。


私は、大物や金持ちになる人やいわゆる一流になる人が、偉いと、このホーム頁で言っている訳ではありません。誤解しないで下さい。




腰痛対策の著者が、安世高が1800年前に仏典の大安般守意経を中国語に初めて訳したものを、1993年に3年をかけて解読して、同友館から出版させてもらったものです。仏さんの呼吸法についての本です。高野山や音楽関係者などに、今でも愛読されています。

現在は、http://www.amazon.co.jp で、この本は古本として一冊4500-6500円という値がついてます。

国会議事堂の近くの国会図書館などでも、読めます。

 ◆◆西垣による分類1<人間には9 種類のタイプがあると思います>


(1)得をするように、幸福になるように一生懸命努力して、最後に損ばかりか不幸になる人。用心
深く、石橋を叩いても渡らない世渡りだが、よく落ちる。


(2)愛や心の美しさをよく話題にするが、その割には他人から好かれず、運もそれほど良くなく,身
体も弱い。


(3)得をするように、幸福になるように一生懸命努力して、その分だけ得をしたり、幸福になる人。
寝る間も惜しんで働き、大型レジャーもあまり楽しまない。努力や勤勉がモットー。一寸、窮屈か
面白みのない人。「金がないのは、首のない男と同じ」と内心思っている。こういう人は、少し金を
握ったり成功すると、立派な自宅を建てたり、何故成功したかの本を書く傾向がある。社員や多く
の人の前で、立派な話をするのが好きな傾向。他人にも自己にも厳しい、やや自分より他人に厳
しいか。


(4)他人から見たら、それほど努力しているようにも、才能があるようにも、損得のそろばんをはじ
いているようにも見えないのに、何故か、ほとんど、なんでもうまくいく不思議な人。また、他人か
ら見たら、危ない橋を渡ったり、だれから見ても損をすることに、平気で全力を長年あげるが、最
後に、大もうけしたりなど、非常にうまくいく人。大型レジャーを楽しんだり、心中しても良いような
趣味を持っている。人柄の良い嫁さんも、持っている。


(5)あまりお目にかかりませんが、表面に出ないで、陰で世の中を動かしている影の実力者。マス
コミにも出ないが、知る人ぞ知る不思議な人物。お金を持ってない場合でも、陰で世の中を動かし
ている。無欲で太っ腹な嫁さんを持っている。妙に特定の美人のいい女性にもてる。「私が養って
あげても、、、」とまで思われている。金がないのは首のない男と同じだと信じている人にとっては、
そんな人がいることさえ想像できない存在。


(6)特別才能や学歴やお金があるとも思えないし、自分から売り込んだり、いわゆる経営コンサル
タントのすすめるブランディング(お客の感謝の声や著書やマスコミ登場で自分を飾る)、営業の飲
ませる・握らせる・○○せるなどを、それぞれしないが、自然に、御輿の上にかつがれる不思議な
人。10万人以上のグループや組織の上に、自然に立つ不思議な人。他人の頭を踏んで御輿の上
に昇ろうとしなくとも、、、。良い嫁さんを持っている。人間、わらじを作る人、縄をなう人、御輿をか
つぐ人、御輿の上にかつがれる人に、自然に分かれると言われていますが、、、。金がないのは首
のない男と同じだと信じている人にとっては、そんな人がいることさえ想像できない存在。


(7)独自性やアイディアや勘はないが、命令されたことは、きちんとこなす指示待ちの秘書タイプの
人間。自分からは、積極的に動かない。


(8)夢想はいろいろするが、実行しないか、一寸困難にぶつかると、すぐ方針転換する人。仕事や
職業を、少しの困難ですぐ変える。異性も変えやすい。そうか、片思いはよくするが、実行しない。
結構、高学歴を持っている。

(9)スピリッチャルのことや霊感や前世の話が大好きで、他の人が見えない聞こえない霊などがよ
く見えるが、自分の夢や計画を実現させる能力には欠けており、運が悪く、仕事も変えやすく、身
体も弱い傾向あり。意思も弱い傾向。


◆◆ 腰痛対策に開眼した私の「万事塞翁が馬」の略歴


私は、六歳の時、ソ連国境から命からがらに引き揚げ、父の故郷の京都府の高い山に囲まれた過
疎村で高校まで育ちました。あと30秒ぐらいで、200人ほどの少年・少女の集団と一緒に、日本人か
ら注射で腕に空気を入れられて、殺される寸前でした。私だけ、寸前に列から抜け出し、助かりまし
た。


それを思い出すと、不思議な気持ちになります。無邪気に殺されるのを知らずに列に並んでいた他
の顔を、思い出します。一瞬が生死を分ける不思議さ、、、。何か不思議なものに、自分が生かされ
ている感じ、、、。私が、あの時殺されていれば、あなたは、今この文章を読んでません。


満州の奥地で、地球の丸いのを実感しながら育ちました。地平線の先に何があるのかなと、よくじっ
と見続けてました。その時は、空中に浮いているような感じです。だから、いまは大分、慣れましたが
、日本は箱庭の美しさだと、息苦しく感じました。


引き揚げ後は、親の夫婦仲は、急変し、貧乏百姓で、よく喧嘩ばかりしてました。小生も、父からよ
くなぐられました。他の家庭の温かい夕餉の団欒をチラっと垣間見た時は、「貧乏でもいいから、夫
婦仲の良い親から生まれ育てられたかった」とうらやましく思ったものです。何回家出しようと思いま
したが、「せめて高校卒業までがまんしよう」と、何回も中止しました。


大阪市大経済学部に入学して、最初の半年だけは、親から少し仕送りを受け、その後は、夜も昼も
アルバイトして、卒業しました。試験は、ほとんどカンニングです。大阪府知事になられた黒田教授、
大阪市長になられた磯崎講師、後にシルクロード研究で日本で一番有名になられ国立博物館館長
になられた梅棹忠夫助教授に教えてもらったことがあります。


大学の勉強は、ほとんどせず、大学に登校した時は、大学の図書館で、日経新聞の「私の履歴書」
の縮刷版ばかり読んでました。


とにかく、いろいろ、貧乏や悲しい思い、婚約の破れ、悔しさなど人並みに経験しました。


また、膀胱炎や腰痛後に原因不明の心身の不調が23年間続きました。つまり、23年間ポンコツ自
動車で走り、廃車になる寸前にたとえられます。


あちこちの大病院や漢方や針灸や健康食品などあらゆることを試し、お金も200-300万円使いまし
たが、なかなか良くならず、下腹がカチカチとなり、ガンになってたかも知れないのに、自力で回復
しました。三ヶ月で治してくれる方がいれば、持っているお金の半分を喜んで差し上げるのにと思っ
ていましたが、そういう方には、会いませんでした。


でも、この経験は、マイナスばかりではありません。お陰でしぶとくなり、また、いろいろ心身に良い
と思うことは、なんでも諦めずに、40年間毎日実行してきましたので、年齢を経るごとに、心身が快
調となり、年令より10-20 才若く見られてます。さらには、その長年の苦しい自分の実体験や少年
時代の悲しみやいろんなタイプの人間の生き様を多く身近に直接見てきた経験に基づいて、心身の
不調を自力回復させたり夢実現力も高める本などを日米で出して、世界中の多くの方に喜んでもら
えているのだと思います。

「世の中は、そんなに甘いものではない」という言葉は、本当ですが、その言葉だけを信じるように
なることには、ならなかったです。


「世の中は、そんなに甘いものではない」と言う言葉を信じ込みそうになったこともありましたが、「世
の中は、甘いところもある」と信じられるように、他人などから予想外の親切をかなり受けました。私の
中に、誰もいないところで、本心からしみじみ感謝できる気持ちを、この年令になっても消えずに、残
してもらったことに、感謝してます。


たまには、他人からだまされるお人よしの面も、残してもらった自分の運命に、感謝してます。いつ
までも、子供ぽい一面を捨てずに、残してもらったことに感謝してます。


「世の中は、そんなに甘いものではない」「他人は信用できない」と思い込み、お人よしの面も消える
と、自分の心身が冷え込み、便秘がちや下痢がちや冷え性や肩こりなどになり、悪い顔色となり、そ
の結果、夢実現力も落ちるからです。すると、すること、なすことが、反対になりやすくなります。また、
ガンや腫瘍や脳梗塞や狭心症や心筋梗塞などに対する抵抗力が落ちるからです。


◆◆<西垣の著書一覧>


(1)昭和61年 「暴騰株飛び乗り戦法」(同友館)、、、今でも、時々、読者から問い合わせあり。

(2)「般若心経でこう生きる」(同友館)、、、毎日新聞などに書評が載る。長野県の松本の図書館、
警察の拘置所の小図書館などで読まれている。


(3)「仏陀悟りへの道」(同友館)、、、サブタイトルは自明灯の秘力を解く。仏さんの臨終の時、秘書
のアーナンダが「仏さんの死後は、私は、何を頼りに生きていったら良いでしようか?」とたずねると、
仏さんは「修業によって、アーナンダの中にともった灯明を頼りに、生きていきなさい」と答えた。


いや、私は、心臓が強いとおっしゃる方に聞きますが、「顔色の艶があり血色が良いですか?」「損
得抜きに他人に親切にできる時もありますか?」「腸の調子は良いですか?」「勘が鋭く、偶然がよ
く起こりますか?夢実現力がありますか?」「活動的ですか?」「冷え性に無関係ですか?」「目をつ
ぶると、自分の身体の中で、火の玉や火が燃えているのが見えますか?」と、、、。心臓が好調な
時だけ、このような現象が起きるのです。


心臓が好調な時だけ、自然と喜びが生じて、機嫌が良く、他人にも感謝でき、他人に自然に親切に
でき、お人よしになれるのです。自信があるから、お人好にもなれるのです。また、超能力、つまり
夢実現力の入り口に立てるのです。


(4)1993年「大安般守意経入門」(同友館)、、、、仏の呼吸法について。息が荒いのは、煩悩多で
無能力で、勘が働かず、疲れやすいか、いらいらするか、わびしい気持ちで、病気になる前兆。息
がかすかになり、自然に止まりやすくなって死ななければ、煩悩少で能力あり、勘が働かき、疲れ
にくい、幸福感と満足感を味わう。いかに息をかすかにするか、、、。絶版後も、高野山などで、読ま
れている。

現在、http://www.amazon.co.jp で古本として4500-6500円の値がついてます。


(5)2000年 「Rejuvenation und Unveiled Hidden Phenix (若返りとピラミッドの不死鳥の秘密を解
く)」
(Writers Club Press)、、、、西垣は、10年ほど前から、石の不思議さに注目して、エジプトのギ
ゼーのピラミッドを構成している赤の花崗岩、灰色の花崗岩、黒色のトルマリン(?)、大理石をセッ
トにして、自宅の四方に一セットづつ埋めてます。庭にも、五万円で気に入った畳一畳大の石を買っ
て、置いてます。また、旅行して、気に入った小石があれば、ひらってきます。


布団の周囲にも、赤の花崗岩、灰色の花崗岩、黒色のトルマリン(?)、大理石をセットにしたもの
を、四セット置いて、寝てます。


アメリカでベストセラーになったカルロス・カスタネダの本(日本に来る35才以上のアメリカ人のうち、
約三人に二人は読んでます)にも書いてあるように、石からはいろんなことが勉強できます。


そして、小生は、五年前、ギゼーのピラミッドの碑文(pyramid text)を独自に解説した本(Rejuvenation
and Unveiled Hidden Phenix)をアメリカで出しました。


こんな種類の本はだれも読まないと最初思ってました。一年間は完全に海外で無視されました。一
年後から、注目され、その本を紹介している小生のホームページ( http://kibousan.xsrv.jp )
は、アメリカのヤフーの pyramid text というキーワード では1830万の中で、三年半、トップランキング
でした。いまは、16位に下がりましたが、、、。


たで食う虫も好きづきで、英BBC放送にも、こんな日本人がいるということで、出演させてもらった
ことがあります。


(6)「How to Good-bye Depression(憂鬱よ!さようなら)」(Writers Club Press)、、、この本について
のホームページ(http://www.mrmryouth.com)は、http://www.yahoo.com の good-bye depression
というキーワードでは、377万の中で6年間、トップランキングを維持。日本の朝日新聞に匹敵するイギ
リス一流紙のガーディアンに、書評が載る。アメリカの十大新聞の一つのマイアミヘラルドなどにも、書
評が載る。


◆◆私の隠れた趣味の一つは、時々、びっくりされるほどの粗食をして一日を「最下等や最も貧乏
な人や最も不幸な人や能力のない人や最も軽蔑される人や病気で余命一ヶ月の人」
として暮らす
ことです。


そのように暮らそうと決めた日に、例えば何かの会合があれば悪臭がしない程度の汚い格好で一
番末席に座る、または、持ち上げられてる人がいれば喜んでかばんを持たせてもらう。気楽になって
頭がスーとします。



◆ イギリスで日本の朝日新聞に匹敵する権威のある新聞のガーディアン紙に、2003年9月18に、私
の英文本の書評が載りました。

Can anal retention help you beat depression?

Ben Goldacre
Thursday September 18, 2003
The Guardian


Talk bad science

· You might wonder why I'm being so anally retentive about everything this week.

I can only say in my defence that I've been doing my best to follow

Hiroyuki Nishigaki's excellent book: "How to Good-ByeDepression

: If You Constrict Anus 100 Times Everyday.

Malarkey? or Effective Way?" available now on Amazon (£14.49).


| ホーム |  リンク1 | リンク2 | リンク3 |  リンク4 |
Copyright 2006 All Rights Reserved by Hiroyuki Nishigaki

 
1zeronet.com©2006